GPz400FⅡ その4 兵庫県加古川市のガレージ トライシクルのブログです

0782191160

GPz400FⅡ その4

GPz400F その4

 

フレームが修正&パウダーコーティングから帰ってきたので、足回りを修理していきます。
KHなどに比べればGPzは新車のような錯覚を覚えますが、すでに30年以上経った十分旧車といれる年齢です。
80年代以降の車両はそれ以前のに比べ、構成部品などの耐久性は飛躍的に向上していますが、やはりベアリング類などは新品に交換すると気持ちよく乗れますので、問答無用で交換します。

 

 

ステムベアリングはこの年代になるとニードルテーパーベアリングになっていますので、耐久性は昔のボールタイプと比較になりませんが、やはりグリスの硬化などありますので、新品と交換します。

 

 

昔はベアリングのグリス詰めは丁稚(新人)の仕事と決まっいましたが、最近では便利なSSTが簡単に手に入ります。
こうゆう工具を最初に考え付く人って本当に尊敬します!

 

 

新品のレースをネックに打ち込み、アンダーブラケットにはプレスを使って新品のベアリングを圧入します。

 

 

ブレーキディスク取り付け部にはネジロック材のカスが残っているので、タップでさらえておきます。

 

 

 

リアサスのリンク回りもバラしてグリスアップします。
リンク回りはグリスで手が汚れ、まーまーめんどくさい割に見た目も全く変わらない地味~な作業なんですね(涙)
でもここをバラしてグリスアップするだけで、見違えるように動きがよくなります。
400はコストダウンなのかニードルベアリングではなくブッシングだったのでなおさらですね。

 

 

新品のホイルベアリングを入れますが、せっかくなら無給油のシールベアリングを入れます。

 

 

リム回りもキレイ磨いておきます。
使用前

 

使用後。

 

いや~メンドくさい地道な作業です・・・(涙)
でもいくら見た目は気にしないとはいえ、足元は大切ですからね。

 

 

フロントフォークもOHしてリアサスもババナショックさんでOHしてもらい、リンク回りもリフレッシュ!
ここまでやれば「新車」の乗り味に近づくかな?って自己満足に酔いしれています(笑)
乗り味だけは「当時物」を味わってもらいたいとトライシクルでは常に考えています。
調子の悪い旧車に乗って、「旧車だからこんなもん」って評価される車両が本当に多く、
そんな車両が可哀そうでありませんから・・・

 

 

 

11
PCサイトスマートフォンサイト