本日発売!GワークスバイクVol 17 に掲載されました! 兵庫県加古川市のガレージ トライシクルのブログです

0782191160

本日発売!GワークスバイクVol 17 に掲載されました!


12月26日発売のGワークスバイクに当店が掲載されました!




しかもナント!巻頭カラー!! 合計5ページに渡って特集されました。




当初取材を申し込まれた時、何か特集の一コマなんやろな~程度に思っていましたが、
あまりに沢山の写真を撮って頂いたので、多少は期待もしていましたが、まさかの巻頭カラー!!!
もう嬉しくて嬉しくて、間違いなく「家宝」決定です。

でも実は何より嬉しいのは自分の店が紹介された事ではないんです・・・




この記事で私は「25年間以上」所有していると紹介されていますが、正確には「35年目」の間違いです(笑)その34年の間、欠かさず「KH」と少しでも見出しがあるような雑誌を見つけるたび書店で衝動買いをしていましたが、どの雑誌も花形のZやマッハの陰に埋もれ、申し訳ない程度に記事があるだけだったんです・・・KHは。



16歳の時、Z400GPに乗る先輩に憧れ、俺も絶対GPかFXを買う!と心に誓うも、すでにFXやGPは貧乏高校生のバイトで買える金額ではありませんでした・・・
そんな時、田舎の掟?で車の免許を取った先輩達が、単車を後輩に譲るならわしがあり、当時はCBXですら「15万で売ったるど~」っていう先輩もいたんですが、このKHは破格の10万円だったんです!でも心の中で、キッタナイ単車やな~って(笑)ただ、BEETの通称「爆竹」チャンバーが付いてて、音だけは他のヨンヒャクにはない個性があったので、なんとなく「コイツで辛抱しょうかなぁ~」ってなノリで購入しました。
もちろん、周りのツレらからは、「何でこんなボロ買うたんや?」とか、「煙たいから前走んな!」ってゲテモノ扱いされる始末。とどめは鳶の会社のボンボンだったツレは金に物を言わせて、当時からみんなに羨望の眼差しで見られた、「タカトリスペシャル」というZ400FX、そうです630ccという驚愕の排気量+フルチューンで、当時クラス最速だったGSX400Rでさえブッチ切る伝説のFXを購入、それはそれは本当に羨ましかったですね・・・






そんな冷遇された時代を経て、ここ最近ではよくお店にエンジンOHの依頼の電話があります。
未だ納車できずお待たせしている車両も多数ある為、入庫をお断りしているのが現状で心苦しいのですが、皆さん共通しておっしゃるのが「ず~っと何年も乗っている」とか「これから一生乗りたい」とか、本当にKHを愛されている事がひしひしと伝わってきます。当初、周囲から、KHなんて乗ってる変わり者なんてオマエくらいで商業ベースに乗るわけがないとかまで言われましたが、お店を開いて、全国にはこれだけの隠れKHファン(笑)がいることを知り嬉しくなったのはつい最近の事です。


前置きが本当に長くなりましたが、それ程草場の影を歩いてきたKHが雑誌の冒頭に出るってどれほど凄い事なのかを伝えたかったんです!
ここ最近は、Zばかりの記事で少々ネタ切れぎみで箸休め的に扱って貰えたのかもしれないKHですが、乗ると本当に楽しいんですよね・・・独特のエキゾーストノートに加え、運転する喜び・・・そう、そこら近所をただ乗っているだけで楽しいんですよね・・・
誤解を恐れずに言えば、名車と呼ばれた車両でさえ4サイクルエンジンなら、現行車とそう大きく乗り味は変わりません・・・唯一無二の2サイクル三気筒に一度でも乗ると、もはや中毒症状は完治不能となります。そんな訳か、ここにきてようやく世間様の評価が変わってきた様で、本当に嬉しく思います。


一時、Z2やH2も所有していた事がもありますが、やはり車体の大きさからくる旋回性の悪さなど、ミドルの楽しさが余計に解るんです、だからこのKHだけは肌身離さず現在まで乗り続けてきたんだと思います・・・世間では圧倒的人気のH2でさえ、私にはあの不快な振動に加え、峠道では正直アクセルを全開にするのをためらってしまう大柄なH2より、ピーキーでじゃじゃ馬なH1や旋回性の良いミドルマッハの方が個人的には好きなんです。だから今はKH400が一番自分の中で楽しく、しっくりくるんです。
何にせよ、KHは、キック一発で50過ぎのオッサンを16歳の単車小僧に戻してくれる魔法のような単車ですね。

34年を経て、今もなお、私をときめき続けさせてくれる相棒に、少しは恩返しができたのかな?




13
PCサイトスマートフォンサイト