当店オリジナル KH250 400用 クロームメッキスポーク組み付け 兵庫県加古川市のガレージ トライシクルのブログです

0782191160

当店オリジナル KH250 400用 クロームメッキスポーク組み付け

当店で使用しているスポークの振れ取り台は相当の年季物です。
私がこの店を開業するまで、この場所はこの辺りでは老舗の自転車屋さんでした。
その歴史ある作業台をオーナー様より譲り受けました。
当初、バイク用の振れ取り台を使っていたのですが、いかんせんコスト重視なのか、ボディーやガイドの剛性が足りず、振れを見るアームがすぐ動いて非情に使いにくい!
自転車用のこれは鋳物のアームで、かなり重いですが剛性はものすごく高いんです。
シャフト径がかなり違うので、バイク用に加工したところ、物凄く使いやすいSSTに変貌しました。

作業台に仮組みしたスポークホイールをセットして触れ取り作業にかかります。

IMG_6673

最初、グネグネ曲がっていたホイルもスポークにテンションを掛けていき、まず縦触れを取った後、ダイヤルゲージを見ながら横触れも取っていきます。

IMG_6616

時間をかけ、入念に振れを取っていきます。
最後はスポークを叩いて音を聞き、テンションを確認します。
http://garagetricycle.com/blog/wp-admin/post.php?post=295&action=edit

IMG_6617

う~ん・・・まだまだ納得が・・・(笑)

3
PCサイトスマートフォンサイト